医療事務講座なら自宅にいながら知識を学べる

医療事務の資格を取るには

女性

取る前に知っておくこと

医療事務とは、病院やクリニックなどの医療系の機関において必要な事務作業を行うということです。一般の事務とは異なって病院やクリニックでは健康保険の請求などの作業があるため専門的な知識を有していることが医療事務を行う上では重要です。このため医療事務のための資格があります。医療事務の資格の種類は公的資格と民間資格があり、公的資格は診療報酬請求事務能力認定試験と呼ばれるものです。民間資格としてメディカルクラーク検定、医科医療事務管理士技能認定試験、医科2級医療事務実務能力認定試験の4種類が代表的です。いずれも医療事務講座を通じて資格を目指すことができます。学ぶべき内容としては、医療保障制度、医科・歯科の診療報酬の算定、診療報酬明細書(レセプト)の書き方・点検、医事コンピュータ操作、患者接遇・マナーなどがあります。医療事務講座では、幅広い知識と同時に実践力が必要になってきます。医療事務講座は通学コースと通信コースの2種類があります。通学コースはテキストだけでなく講師から学習するもので、費用は掛かりますが医療事務に必要な知識や実践力を身につけることができます。通信コースは教材をもとに勉強するもので費用の負担は通学コースに比べて少ないですが、本人の意欲が重要になってきます。また医療事務講座の日数としては通学コースでは3ヶ月、通信コースでは6ヶ月で長めですが、仕事をしながら資格取得を目指すことができます。